2014年01月16日

KENNOL BrakeFluid DOT5.1 デリカーゴに

三菱デリカカーゴの車検が近づいていますし、スタッドレスタイヤに交換した方が良さそうなのでブレーキフルードもKENNOL DOT5.1に交換しました。

 友達が居ないもので毎度のごとく一人で実施しました。う〜ん、友達が居ないなんて、なんて自虐的なんだ。それで反則技をば。リザーバータンクのフルードをマイティーバッグで吸い出し、新しいフルードを満たします。それでホイールを外します。ブレーキペダルをグ〜〜っと踏むとゆっくり沈んでいくくらいキャリパー側のニップルを緩めます。リザーバータンクのフルードが無くならないように監視しながらブレーキペダルをグィ〜〜グィ〜〜と踏み込んでフルードを交換しました。真似しない方が良いかもねぇ。フルードが著しく変色していれば新しいフルードに入れ替わったのが分かるのですが、さほど変色していなければ分かりません。今回はテストということもありますので、400ccほどで左後ろのブレーキシリンダーのオイルは入れ替わったと言う事にしました。それからマイティーバッグで負圧を掛けてエア抜きしました。負圧でエアを抜くとニップルのネジ部からエアを吸うのでしょうね。ホースの中をエアがジュルジュルと吸いだされていくのが分かります。このジュルジュル、何か気に入らないです。エアを吸い込まないようにニップルのネジ部にグリスを塗ってもあまり効果ないし。それでも負圧でエア抜き。実はサスオイルを振って泡がたくさんある状態で加圧したら泡がオイルに溶け込んで見えなくなってしまいます。そして急減圧すると炭酸飲料のように勢い良く泡立ちます。振らなければこのような現象はありませんが、振らなくても少しはエアが溶け込んでいると思います。ブレーキフルードも同じかも知れません。力いっぱいペダルを踏むとソコソコの圧力になると思いますし、どこに居るか分からないエアがフルードに溶け込むかもしれません。もっともニップルから出ると急減圧になるのでエアと確認できると思いますが。正圧でエアが取り込まれ、急減圧でエアが現れる・・・となると、負圧でエア抜きすれば大気圧下でフルードに取り込まれているエアが現れるのでは無いかと思ったり。大気圧下で作業しているので、エアを含んでいるかもしれないフルードがキャリパーに送られるので意味が無いカモ知れませんが、気分って事で吸い出す事もしています。
同じように右後ろは200ccで入れ替わった事にして、フロントは両方共300cc。それぞれ100ccを負圧で吸い出したという方法にしました。数字は感覚的で全くいい加減であります。
 こんな方法なので、エア抜けの良さは感じることはありませんでした。
 本当はフルード交換前と同じノーマルタイヤに一度したかったのですが、案の定というかジャッキアップやタイヤ装着の時、50肩が・・・へたれて、そのままスタッドレスにしてしまいました。

 そして試乗。
 車が軽い。20%軽量化したみたいな・・・。スタッドレスタイヤを付けてフロントのクリップナットを締める時、『すごく軽く回るなぁ』と思ったけれど、ここまで軽くなることは無いと思います。エア圧と言ってもそんなに違っているとは思えませんし。ノーマルタイヤは4分山くらいでスタッドレスが6分山程度なのでその違いかしら・・・。フルードを変えたことでピストンの戻りが良くなったとも考えられますが、やっぱりタイヤかなぁ・・・。
 ブレーキを緩く掛けてみるとマスターのピストンを押し始めから硬くなるところまでがエアが混入したのかと思うほど異様に軽いです。けれど、ブレーキの効き始めるポイントが同じようなので、エアが混入したわけでは無さそうです。戻りも早くなっているように感じました。それとペダルを通して何かを語りかけてくるような感じがあります。何ていうか、数日車を動かさないでいるとパッドとディスクがあたっている所が錆びてきますよね。ゆっくり走って軽くブレーキを当てるとパットが錆のところを通過するのが、ほんの少し分かりますよね。こんな感じのもっと微細なものが伝わってくるように思います。気のせいかもしれませんが・・・。
 制動(停止)しようとしたら、ブレーキング区間に路面が荒れていたり滑りやすそうなものがあったりしますよね。こんな時はブレーキを加減して通過することがちょくちょくあると思います。デリカーゴは商用バンで荷物を積むための足回りで乗り心地は二の次三の次です。乗用車で気にならない路面の荒れでも、かなりの衝撃があります。人や荷物を載せている時は特にブレーキの加減に気を使います。試走の時もこんな場面がありましたが、何かギャップを軽く超えて、余裕で制動できました。あれ?っと思ったのですが、ある人が言っていたブレーキを離した時の応答性がすこぶる良いとの話を思い出しました。
 それと、制動距離が短くなったと思います。制動距離と言っても急ブレーキではなくて、「あ〜あ、赤信号になっちゃった。止まろう。」と言った場合です。人とか荷物を載せていると特に穏やかに減速しようと思いますよね。これが以前は上手くいかないことが多々ありました。ストッピングパワーは十分にありますが、思った通りに減速しないというか・・・。ブレーキを掛けてもう少し、もう少しと探っていくと荷物が「ズ〜〜、トン」となったり犬達が「バタバタバタ」となってしまいます。距離は十分にあるのに、思うように止まれないのは、ブレーキを制御しきれていないと言う事で、ちと悲しい。止まろうと思えばいくらでも止まれるので問題ないし、制動距離を長大に取れるように走れば問題ないです。でも常識ってものがありますからねぇ。それでKENNOLのDOT5.1にしたら思い通りに減速できました。荷物が動かないうちに減速完了できたのです。何度か試したけれど余裕でした。この現象は一体何だと悩みました。明確な数値、例えば40km/hから停止まで、載せている荷物を動かさないでの制動テストができれば良いのですが、ちょっとむずかしそうですね。ブレーキのフィーリングの違いは、交換前はペダルの遊びを超えグ〜〜っと踏み込むと減速Gが発生してくる感じ。交換後は遊びを超えて割りとスッと入りグッと重くなり力加減に応じて減速Gが強くなります。あまり違いは無いように思います。タイヤの違いは急減速ではありませんし、ノーマルタイヤが4分、スタッドレスが6分ですので、強いて言えばむしろDOT5.1+スタッドレスの方が不利に働くのでは無いかと思います。と言うことはブレーキのフィーリングに何かあるのだと思います。ブレーキを踏み始めパッドとディスクが当たるところまでは足が覚えている所まで踏みますが、急ブレーキでは無いので踏力はそれほどでもありません。軽い方が早く到達すると思います。でも、これは織り込み済みでブレーキを踏んでいるような気もします。しかし交換前の状態ではこのポイントが曖昧で減速Gを感じながら踏力を増していきます。これはブレーキとの相談と言うことになると思うのですが、相談で手間取っている間にも車は進んでしまいます。相談もワンテンポ遅れて返ってくるので、一歩踏み込んだところで荷物がズ〜〜っと動き出してしまうのかもしれません。一方KENNOL DOT5.1はパッドがディスクを挟みだしてからの相談が早いです。荷物が動かない範囲で最大近く?の減速Gまで容易に持っていけるように思います。あくまでも仮説なんですけれど・・・。これもブレーキのコントロール性というモノかもしれませんね。

実は、とあるショップさんとブレーキフルードの話になって、私は「マスターバックの付く四輪だと違いが分かりにくいのでは?」とお話したら「いや、四輪だって分かるよ」とお話いただきました。そんなものかなぁと懐疑的でありましたが、自分の車のフルードを交換してみて、自分の無知ぶりを曝け出した格好になってしまいました。お恥ずかしい^^;
posted by カモちゃん at 00:33| Comment(0) | KENNOL製品