2014年05月12日

R100RS オイルクーラー・サーモスタット

 BMWのフラットツイン、オイルクーラー・サーモスタット付に乗っている人以外は読むに値しないかもなので、スルーしちゃって下さい。
昨年の秋だか冬に。いつ触っても冷たいので、オイルクーラーにオイルが回っていないのではないかと懸念がありました。外気温が低いためなのか分からないし、寒いので実害はないと思いますし、修理も寒いし面倒なので放置していました。
けれど暖かくなってきたので、放置はマズイよね。それにオイル屋さんだし。と言う事で修理することにしました。
 オイルクーラーに行っているホースのサーモ側を外す。オイルエレメント・カバーとサーモスタットがボルト3本を外す。サーモスタット本体を引き抜く。全くもって簡単でした。
サーモスタット.jpg
 で、プランジャーを温めてみましたが、棒が伸びてきませんでした。そこで、ストック部品で試すと棒がにょきにょきと伸びてきました。元付いていたプランジャーがダメだったようです。
プランジャー.jpg
 思い起こせば昨年の秋に掟破りのKENNOL Endurance 5W40に変更した際、『サーモスタットの最下部のボルとを外し車載工具の長いボルトを差し込んでオイルを回してやらないとサーモが開かずクーラーにオイルが回らない』というような記事をどこかで見て、そんなものかと思いました。掟破りの5W40ですし、念のためこの作業を実施しました。けれど、長いボルトを締め込みすぎてしまったのでしょうねぇ。プランジャーを破損させてしまったようです。
 ストックのプランジャー、冷やしても棒は入って行きません。壊れているのかと焦りました。棒を押し込もうとしましたが、少し入っただけ。細い棒で曲がりそうなので力を入れにくいですし、強く押し込み過ぎて壊しても洒落になりません。それでプランジャー、コントロールバルブ、スプリングを万力にセットして、スプリングが完全に縮まる手前までなら大丈夫では無いかと素人考えで縮めてみました。スプリングをかましているのに、意外と安定していて、縮めていくと棒は中に入って行きました。プランジャーって暑くすると棒が出てくるけれど、縮める時は力を加えてあげないと入っていかないものなのですねぇ。
 それで、元に戻して取り敢えず作業終了。油温が上がるように試し走りをしたら、オイルクーラーは熱くなっていました。ちょっと停止するとすぐにクーラーは冷えるのですねぇ。自分の想像していたよりオイルクーラーって性能が高いように思いました。それと高温時のメカニカルノイズがかなり減ったように感じました。と言うことはそれまではオーバーヒート気味だった?

 さて、車載工具に含まれている長いボルト。あれはオイル交換の際、オイルクーラー内のオイルを排出するための道具だと思います。プランジャーは袋小路だけれど、オイルに接触していますので、暑くなれば棒が出てきてオイルクーラーへ行きます。オイルクーラーのエア抜きがされていなくても、オイルレベルが少し下がるだけ。オイルクーラーが一度熱くなったら、再度オイルレベルのチェックでも良さそうです。
 しかし長い。仮に全部ねじ込んでもプランジャーを破壊しない長さのものにすれば良いのに。プランジャーだけの入手は難しそうですし、アッセンブリは海外から買っても高いですもの。ネジ部分が2cm程度の方が全部閉め込んでもプランジャーの破壊は無いので良いのではないかと思うのですけれど・・・。
posted by カモちゃん at 15:11| Comment(0) | R100RS